就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

成蹊大学経営学部の偏差値や難易度は?倍率の予想や評判はどうなるのか?

【スポンサードリンク】

成蹊大学というと、少人数教育で、東京都武蔵野市の吉祥寺にキャンパスがある大学というイメージの人も多いかもしれません。学部は確かに少ないのです。文学部、法学部、経済学部、理工学部というのが今まででした。しかし、今度新しく経営学部ができることになったのです。経済学部の経済経営学科が分化して経営学部になったのですが、立教大学もそんな経緯で経営学部が誕生したと記憶しています。あっちの経営学部は早慶並に偏差値が上がっていますが。成蹊大学の経済学部は元々経済経営学科があったのですが、その経営部分が経営学部(総合経営学科)となり、経済部分が経済数理学科と現代経済学科に変わりました。ちょっとややこしいですけど、経営学部の誕生とともに経済学部の学科再編も行われたのです。そういった部分が成蹊大学の偏差値にも影響しており、特に経済学部と経営学部の偏差値は注目でしょう。

 

成蹊大学の経済学部と経営学部の偏差値や難易度は?

成蹊大学の偏差値は全体的にMARCH下位レベルに相当しており、難易度は高いです。経済学部に関して言えば、河合塾の偏差値で経済数理学科、現代経済学科ともに57.5となっています。経営学部の総合経営学科は60.0で、新学部ですけどかなり難易度が高くなっているのです。成蹊大学経営学部のレベルはかなり高いと言えるのです。いずれも個別日程3科目の偏差値になります。成蹊大学からついに60.0が出たというのは大きいです。57.5は今まで多くありましたけど、ついに60.0の大台突破ということで、成蹊大学経営学部の難易度は学内でもかなり高いということになります。私大難化の波に乗って、成蹊大学も難しくなってきているのです。成蹊大学の経済学部と経営学部の偏差値はこういった感じですから、難易度は高いということで、MARCHの下位レベルに匹敵するという前提で対策をしていきましょう。

 

成蹊大学経営学部に関しては難易度もそうですけど、評判がどうなるか?は気になります。一般的な社会科学系の学部なので、それなりに人気になると思います。変わった学部名ではないですし、一定の人気は維持して、倍率も高くなると思います。ちなみに成蹊大学の経済学部の倍率を見てみると、3科目のA方式で言えば7~8倍です。E方式という2科目の全学部入試でも6倍程度あります。成蹊大学経営学部の倍率はそれに近い数字になるのではないか?と予測しています。学部の系統は経済に近いので、経営学部の倍率もそういった感じで高いでしょう。偏差値に関して、予想の数字がすでに高いわけですから、倍率もそれなりだと成蹊大学経営学部の難易度はとんでもない状況になりかねません。成蹊大学経営学部の評判なども気になりますが、しばらく経ってみないとそういったところは掴みづらいと言えるかもしれないです。成蹊大学経営学部の難易度に関しては、今のところは偏差値しかないものの、倍率もそれなりに高いだろうということは予測しておきましょう。

 

成蹊大学経営学部の評判はどうなる?

成蹊大学経営学部の学部の内容に関しては、「総合経営学科 学び方とカリキュラム|2020年4月、新しい経済学部と経営学部が誕生します|成蹊大学」に概要が載っています。

 

経営学の3つの基本領域を体系的に学ぶ

経営学の基本的な領域として「戦略とマーケティング」、「組織と人間」、「ファイナンスと会計」の3つの領域を想定し、それぞれの領域ごとに基礎から応用まで体系的に科目を配置しています。これら領域間の科目選択の自由度を高く設定していますので、学生の興味や将来の計画に応じて、3つの領域を均等の比重で学ぶことも、また、いずれかの領域を重点的に学ぶことも可能です。

 

語学科目と情報関連科目を豊富に設置したカリキュラム

現代の企業経営に不可欠な語学力を中心としたグローバルな能力と、情報機器も使い、企画・調査、分析、プレゼンテーションなどの情報処理能力を身に付けられる科目を豊富に配置しています。さらに、総合経営学科では、経営学専門科目と学際科目の連携を想定した科目も配置し、経営学専門科目と学際科目を有機的に関連付けることができます。

 

実務的・実践的科目の充実で現代に必要な経営学を修得

実務経験の蓄積からスタートした経営学は今や科学的な学問として発展しています。しかし、それに伴い、企業経営の実務とかけ離れた抽象論になる危険性もあります。そこで、総合経営学科では、現代経営学の理論を補完する実務的・実践的な科目を多く配置しています。理論的科目と実践的科目が「車の両輪」となることで、今日の職業人に必要な能力や知識を修得できます。

 

これを読む感じでは、一般的な経営学部という学びです。総合経営学科なので、経営学科と考えていいのではないか?と思います。経済学部については経済数理学科と現代経済学科で、恐らく学ぶ内容が結構違いがありそうですから、しっかりとその違いを認識しておかないといけませんけど、成蹊大学経営学部に関しては多くが想像している通りだと思います。しかし、実際の授業科目を調べると、経済の範囲の授業もあるようで、マクロ経済やミクロ経済も履修できるようになっているようです。履修の仕組みがあるので、そこも知っておいた方が良いとは思うものの、経済の領域に関しても学べるのが成蹊大学経営学部なのでしょう。あとは法律や商業系の授業もあるので、結構幅広いです。そういった意味では卒業後、会社で働くときに生きる知識が経営学以外の分野でも身につくのではないか?と思います。経営学全般とそれに付随する分野を学べるので、成蹊大学経営学部の評判としては良い感じになると思います。実際に学ぶ人が出て、卒業生などが出てくれば大分状況は分かりやすくなると思いますけどね。成蹊大学経営学部のレベルはそれなりに高く、もはや難関大学と言える状況なので、しっかりと対策をして受けてほしいですが、過去問などの情報があまりない中で対策をしないといけないのは大変だと思います。全員が同じ状況なので、とにかく頑張っていきましょう。

 

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

 

 

あわせて読みたい記事