就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

頭の悪いアンチを養分にするYoutuber宮迫博之さん!

闇営業とやら芸能界から追放されたのか?どうかは知らんが、さっぱり見なくなってしまった雨上がり決死隊宮迫博之さん、どうやらYoutuberになったようだ。私は闇営業と言われても、いや別に私に直接影響ないし・・・ということで、はっきり言って何とも思ってない。むしろ私は酒やタバコの方が嫌いなんで。酒やタバコの害の方がよっぽど身近に感じてますよ。この闇営業のニュースが報じられたとき、絶対にこの人はYoutuberになるべきだと思ったのです。この悪名は絶対に利用すべきだと思いました。結果的にその通りになりましたね。私は彼の動画は見ていないが、謝罪動画なるものを公開したら、コメントが炎上に近い状況になり、低評価の嵐だったそうだ。私はやっぱりwwwという感じでした。彼はYoutubeというものがよく分かっている。私は絶対に謝罪動画を挙げるべきだと思ったのです。なぜならば、謝罪動画は数多くある動画のジャンルの中でも、相当注目を浴びることができるからです。謝罪動画はファンだけじゃなくて、アンチも見るのです。だから、結果的に再生数が極端に伸びる。この仕事は悪い意味であっても、注目されてなんぼなんです。そういう意味では悪名であっても、有名になること、メディアに取り上げられることが重要なのです。すでに「宮迫博之、YouTubeで謝罪するも低評価相次ぐ「結局言い訳と保身」「甘えている」 | キャリコネニュース」などでマスコミによってちゃんと知名度の拡散が行われている。

 

そして、低評価の嵐というのも、注目されるためには重要です。実際、同じくYoutuberとして活動しているホリエモンが、この低評価の嵐を見て、それを自らのチャンネルで取り上げている。つまり、低評価の嵐によって、彼のチャンネルはホリエモンにも紹介してもらって、知名度がさらに高まったのだ。まさに稼ぐための教科書のような状況です。誰かのサポートがあったのか?は分からないが。ちなみに私がこの記事を書いている当日は、ヒカル氏のチャンネルに宮迫さん出てますねwwwこれでまた彼のチャンネルは有名になりますよ(笑)あと、これは1か月くらい前にニュースサイトで見たのだが、ホリエモンが「バカはただで拡散をしてくれる」ってことを言っていたのです。今回もまさにそれ。ここで言うバカというのは誰のことか?というと、彼のチャンネルを炎上させた人たちです。彼らは結果的に宮迫さんのチャンネルの知名度アップに貢献してくれた。しかも、タダで。

 

チャンネル開設から今日で2日くらいだと思うけど、私が確認した時点でチャンネル登録者数13万人程度です。で、謝罪動画はすでに230万再生あるんですよwww上記とは別のニュースサイトでは「世間のイメージが悪くなる」と書かれていたが、世間のイメージが悪くなることはメリットなんですよ。バカはただで拡散してくれるから(笑)イメージが良いことよりも、イメージが悪いことの方が拡散力は高いなと思うのです。そういう意味では、この仕事は良いイメージを持たれるよりも悪いイメージを持たれた方が良いと思うんだよね。だから、アンチってのは財産なのです。大切にしなければいけません。私だったら、上記のニュース記事にあるような反応に対して、「言い訳や保身の何が悪いの?甘えが悪いって誰が決めたの?あなたは一切甘えていないの?バカなの?(笑)」と、いくらでもこういう養分となってくれているアンチを論破する自信があるが、彼らは気持ちよく発言させておいた方が実は良いのよ。自分がストレスを溜めるような動画はまず見ないという前提で言えば、自分は正義である、そして動画のあいつは悪であると思えるような構図が実は重要であり、論破してしまうとその構図が崩れる可能性がある。反論できなくなってしまうと、そのアンチは動画を見てくれなくなる可能性がありますから。アンチはお客様として扱わないといけない。だから、アンチにとって気分よく発言させるような動画を心がけると良い。その典型が謝罪動画なんですよね。

 

でも、実際彼の動画を見てみると、悪いコメント多くなくね?って感じ。謝罪動画はアンチが多く見てるから低評価とか、辛辣なコメントが多いのだろうが、それとは別の動画は高評価の方が普通に多いし、応援コメントも多い。結局、どれだけ世間では悪者扱いされたとしても、ファンや応援している人はたくさんいるのです。私は別に応援しているわけではないが、アメトーークは見ていたので、その番組で彼が見られなくなったのは単純に残念だという感じ。同じような人多いんじゃないか?闇営業の何が悪いの?くらいに思っている人もいそう。私は芸能界という場はクソだと思っているから、彼が結果的に芸能から干されたのは良かったのでは?くらいに思っている。

 

そもそも論を言えば、「闇営業」の何が悪いの?と私は思う。闇営業とは、芸能事務所を通さずに勝手に仕事をしたことを指すらしいのだが、それは当事者の問題だから第3者には関係ないだろうという声も見られた。また、営業の相手が反社会勢力であったことに関しても、これって結局忘年会に参加してお金を受け取っていただけみたいなんだよね。資金協力をしたならばともかく、お金をもらっていた側なんでしょ?何が問題なの?(笑)お金を渡したなら分かるが、お金をもらうと反社会勢力が暗躍するの?(笑)反社会勢力からお金をもらうことで、社会にどんな悪影響があるのか?を説明している人を見たことがない!これが日本人の頭の限界なんでしょう(笑)思考するってことができないんだよ。あるブログには「反社会勢力の人間がコンビニで買い物をしたから、コンビニ側がその対価をもらったのと同じ」と書かれていた。マジでそうだよなwと思いました。何らかの仕事をして、反社会勢力の人間から対価を貰う。それって、反社会勢力の人間が消費者になるケースは全部そうだろうと思う。ってことはだよ?小売店なんかは宮迫さんらと同じことしてるじゃん。しかも、それの何が悪いのか?単に仕事をしただけです。上記のことが書いてあるブログには「ありもしない罪で社会的制裁を受けている」と書かれており、はっきり言って本質を見ることができない人間が騒いでただけだったんだなあ。としか思えない。頭が悪い人は無意識のうちにありもしない罪で人を傷つけるんでですよ。日本はえん罪製造マシーンの国です。どう考えても悪人はこっちだよねー。その悪人らは社会的制裁を一切受けないというのが本当に腹立たしいですけど。でも、そういう人たちがこうやって養分になって、彼に利用されているのだから、まあ良いかと思うことにしています。

 

400万人に愛されるYouTuberのつくり方

400万人に愛されるYouTuberのつくり方

 

 

あわせて読みたい記事