就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

生活必需品の買い占めや転売が儲かることが世間にバレてしまったことの余波

コロナウィルスによって、日本だけではなくて、世界も含めて社会は混沌としています。日本ではそんな状況の中でマスクの買い占め、転売が起き、その後にトイレットペーパーの買い占め、転売も起きたらしい。トイレットペーパーの方はデマが発端だったらしいがね。私は両方特に影響を受けておらず、いつも通りできる限りひきこもりの生活を続けています。普段からそんなに外出する方ではなく、そもそも外出する用事もそんなにないので、ヒッキーで良かったなと思うばかりです。ただ、今回の騒動で生活必需品の転売というのは、とんでもなく儲かることがバレちゃいましたよ。今までは転売屋の中だけで知られていたかもしれない事実が、世間に浸透してしまったのです。以前からもしかしたら同じようなことをしている人が一部いたかもしれないですけど、これを機に本格的にやる人は増えると思います。マスクは微妙かもしれないけど、トイレットペーパーは一定の頻度で使うもので、確実にどの家庭も必要になるものでしょう。こういうものは買占めからの転売というのが有効になりやすい。

 

マスクの買い占め、転売に関しては政府が声明出すなど、かなり大きな影響になっているようで、それだけ影響が大きかったことがうかがえる。ただ、政府が声明出すなんてことをしたせいで、こういった生活必需品を買い占められると、困る人たちが多く出るということが明らかにされてしまったとも言える。つまり、これって逆効果になっているんじゃ?と思うわけです。「あ!そういうやり方があるか!」と、思いついてしまう人を増やすわけですよね。そもそもこういう転売をする人は自分の儲けが第一なので、別に叩かれたり、政府が声明を出したりしてやめるとは思えないのよ。ってことは、騒げば騒ぐだけ、事態って悪化してない?と思うのです。騒げば騒ぐほどに、生活必需品の転売がいかに効果的か?というのが露わになってしまっているのです。そして、生活必需品というのは、仮に売れなくても大して困らないのです。自分で使えばいいから。マスクは微妙かもしれないけど、トイレットペーパーは確実に自分も使います。だから、売れなくても在庫にならない。ノーリスクハイリターンの商売とも言えるのだ。

 

マスクに関してもいずれは使うときがくる可能性があるので、売れなくても困らないかもね。こういう転売は規制がかかりそうなものだけど、ヤフオクとか、メルカリとかで規制がかかっても、それで事態が収束するとは思えない。転売屋自身が新たなプラットフォームを作るという手もあるし、売る手段はネットだけではないからね。生活必需品の転売がこの先消えるとはあまり思えません。それに転売屋の立場からすれば、こういう規制というのは確実に嫌がらせに感じるでしょう。転売屋に対する風当たりは非常に強い。転売屋の絶対数と転売屋からの迷惑を被っている絶対数に相当開きがあるから、世の中的には転売屋は悪であると、いじめのごとく叩くわけだ。そういうことをすると、彼らのヘイトを溜めるだけな気がしますけどね。さっきも言った通り、生活必需品の転売はリスクにならない場合が多い。ってことは、仮にこういうものの転売に規制がかかっても、買占めだけは続ける人たちが出てくる可能性がある。買い占めても自分は困らないが、他の人たちが困る可能性があるならば、そういう手法をとる可能性はあると思う。

 

転売ができなくても、転売屋を叩く奴らがむかつくと思えば、逆に嫌がらせをするかもしれないのです。そういうことをして、世の中にどれだけ影響があるか?は分からないものの、そういうことをする人たちが多くいると、社会に少なからず影響は出そうです。あと、今回明らかになったのはデマを流せば、転売屋じゃない人も買占めをするということだ。これは結構大きな問題だと思うんですよ。デマであることがバレた以上、同じ手には引っかからないかもしれないが、別の手を考える人が出るかもしれない。要するに彼らは品薄にすることが重要なので、その手を定期的に実行する可能性がある。オレオレ詐欺が流行った後に振り込め詐欺が流行ったりした経緯があるけど、手口が似ているがやや異なる詐欺の手法が形を変えて流行ったということが実際ありましたから、騙される人はどうしても出てくるのだと思います。用心していても絶対に騙されないというのは不可能だと思いますから。転売屋は叩かれる存在であり、バッシングの対象であるがゆえに、実際に転売屋になろうとする人は少ない。しかし、少ないからこそライバルも少ないので、儲けやすくなる。その結果、転売で利益をあげ続けている人がそれをやめるようなことは考えづらいのです。転売屋がいるおかげで、役に立っている人もいるのだろうから、彼らは転売屋から買うのです。だから、需給が存在する限り、転売屋はなくならない。そして、生活必需品の転売もなくならない。詐欺の手口がどんどん変わっていくように、転売のやり方も恐らく時代に即したものに変化していくのでしょう。

 

あと、私の父親が「車のガソリンを多めに入れておこうか?」と、夕食のときに話していたのです。マスクやトイレットペーパーの買い占めを受けてのことだと思うが、「さすがガソリンは大丈夫じゃない?(笑)」と母親が笑っていたが、買占めに備える人間が今度は買占めをするかもしれないということだ。転売屋以外の人間が買い占めをしてくれれば、買占めをした転売屋にとってはある意味好都合とも言える。品薄の状況を促進してくれているわけだから。こうやって、転売屋の思うがままの状況に事態がどんどん進んでいるような気がしてならない。転売屋の手のひらで踊らされているような、そんな気もしてきます。今回の騒動は「買い占め」に対する危機感を植え付けるには十分な出来事だったでしょう。実際にマスクなどを買えなかった人にとっては、その危機感は十分すぎるほど実感できたはずで、この記憶はしばらくは残り続けることになる。今回の騒動によって、いろいろな意味で社会は変わるかもしれないと思うのです。

 

 

あわせて読みたい記事